はがくれすっぽんは佐賀県で飼育

すっぽん小町は、どこで育てられている?

すっぽん小町の原料となっている「はがくれすっぽん」は、佐賀県の背振山のふもとで育てられています。

 

はがくれすっぽんはどんな場所で育てられているの?

 

木や草が茂る澄んだ空気の中、敷地のあちこちに水槽があり、そこではがくれすっぽんが育っています。

 

すっぽんは物音や人影に敏感だから、静かな環境が大切。

 

抗生物質などの薬剤は一切使っていないため、池の周りの雑草も、除草剤などは使わないで、手で抜いています。

 

 

はがくれすっぽんはどんな場所で育てられているの?

 

すっぽんは、3月頃冬眠から目覚めて、5月〜8月までが産卵期。

 

産卵が終われば、次の冬眠に備えて、エサをどんどん食べさせます。

 

2年くらいで整腸します。

 

冬眠中は、エサは食べませんが、水温はしっかり守らないと、病気になったりするので、ていねいに調節します。

 

はがくれすっぽんはどんな場所で育てられているの?

 

大切に育てられたすっぽん。

 

それが「すっぽん小町」になって、私の元気のもととなってくれます。

 

すっぽんに今まで興味はなかったけれど、すっぽん小町を飲み始めて、いろんなことを知るようになると、すっぽんが好きになりますね。

 

 

すっぽんを丸ごと使ったすっぽん小町の公式サイトはこちら

 

すっぽん小町の効果は5つ!【要チェック】口コミ評判から採点!はこちら