子育ての疲れに効くサプリ|すっぽん小町で30代のママは最強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝から晩まで動きっぱなし。

今日1日を思い出して、ギューッと圧縮してみると…

 

片付けしてない

掃除してない

洗濯物畳んでない

・・・何もできてない!

 

そんな、あんなに忙しかったのに。

 

この記事をご覧いただくと、

子育てに疲れたママが陥りやすい悩みを解消し、

心穏やかに子どもと笑顔で過ごせる日々を取り戻すことができます。

 

子育てにつかれたママが思うこと「寝たい」

朝寝したい

お昼寝したい

早寝したい

いっぱい寝たい

睡眠に対する欲求は、我ながらすさまじいものを感じます。

 

さすが人間の三大欲求!

だって子育てってしんどいから。

 

「疲れた疲れたって言うけどさー、子どもと遊んでるだけだろ?俺なんて仕事で疲れてるんだよ。ゆっくりさせてくれよ。」

「はぁぁぁああ?」

 

遊んでるだけ?

ゆっくりさせてくれ?

子育てママの疲労をなめんなよ!

 

子育てあるあるのような日常を振り返ってみましょう。



やっと寝たのに授乳で夜中に起こされる

「早く寝ろ~早く寝ろ~」

催眠術のように唱えても寝るわけがなく、

絵本読んだり、トントンしたり、抱っこでゆらゆらしたり。

 

1時間も2時間も寝かしつけにかかってしまうことありますよね。

 

やっと寝たー!私も寝れるー!

ぐうぅぅZZZzzz。。。

で、すぐ授乳の時間。

 

しかも2時間おきとか3時間おきとかじゃ、全然寝た気がしません。

授乳中に少しでも自分が寝るため、添い乳して朝起きたら、乳だしっぱなしだった・・・

ってことはよくある話。

 

ここには睡眠時間を増やす改善の余地はなさそうですね。

 

妊娠中や授乳中の副作用や赤ちゃんへの影響が気になる方はこちらもどうぞ↓↓

すっぽん小町を産後・授乳中に飲んだ結果と注意すべき妊娠中の飲み方はこちら

 

昼間の公園

子どもをたくさん遊ばせて、疲れさせよう!

 

「ママーすべりだい」

「はいはい」

 

階段をのぼる子どもが落ちないようにおしりを支えていると

 

「じぶんでするからさわらないで」

「はいはい」

 

落ちたら困るので、触るか触らないかのギリギリでエアーで支えます。

滑る時は階段をバタバタ駆け下りて、滑り台の下で待ち受け。

 

「もういっかい」

「はいはい」

 

延々この繰り返し。

 

「ママーぶらんこ」

「はいはい」

 

背中を押さないといけないし、落ちないように気を付けないといけないし、

忙しいったらもう。。。

昼間の公園では、子どもが小さく危険が多く目が離せないので、

自分の時間を作るには、無理ですね。

 

「ママみて」地獄

テレビを見せている間とか、一人でおもちゃで遊んでいる時とか、

自分の時間を作るチャンスはいくらでもあるはず。

 

「こんにちはー」

「いらっしゃいませ」

「なににしますか?」

 

一人でお人形さんごっこやってる!

今がチャーンス!

 

やりたいことは、皿洗い、お風呂掃除、掃除機かけ、トイレ掃除。

あとは家計簿も付けたいし、ちょっとティータイムもしたいし、他には・・・

 

「ママみてー」

「えーーー」

 

「ママおきゃくさんね」

「ママはお皿洗わなくちゃいけないんだけどなぁ」

 

「マーマーこっちきてー」

「マーマーみててよー」

「ねぇママってばー」

 

「・・・はい」

 

ちょっとだけ遊びに付き合うつもりが、絶対に抜けだせない「ママみて」地獄。

背中を向けてる隙に逃げようとしても、ピピピっとセンサーが反応したかのように、すぐ気づく。

ここでも自由時間はほぼなしです。

 

何とかお昼寝の間だけは、時間を確保できますが、

睡眠不足と疲労から一緒に寝落ちする可能性が高いです。

 

しかも掃除や皿洗いなど、音がする行動は厳禁。

すぐ起きてしまうし、機嫌が悪くなってさらにやっかいな状況にもなりかねません。

 

終わらない家事

結局、時間の確保ができず、夕方になって

「今日何やったっけ?何も終わってない気がする・・・」

 

思い通りに行かなさ過ぎて、涙が出たり、子どもに八つ当たりしたり。

イライラしている私に子どもが気を使って、

「ママごめんなさい」

なんて言われた時には、

こんな小さい子を相手に何やってんだ私。

と自己嫌悪になります。



すっぽん小町で疲れたママを最強に

結構頑張ってるつもりなのに、周りが評価してくれなかったり、評価が低かったり。

スキンケアの時間も削って、自分を犠牲にしてまで子ども中心の生活。

 

ため息も出ますが、向き合っていくしかないんですよね。

 

私はお風呂上がりのスキンケアはあきらめました。

外側からのケアではなく、内側からキレイになれるように取り組もうと思ったんです。

 

内側からキレイになりたい私がどうなったかの話はこちら↓↓

すっぽん小町の効果をいつから実感?1年間購入した30代女の本音

 

昼間の家事もほぼあきらめました。

 

ちょっとでも自分の時間ができた時は、あまり期待しすぎず、

1分だけ目をつぶろう

1杯だけお茶飲もう

今日はトイレ掃除だけしよう

 

時間が短くても、「できた」と思えることを探すようにしました。

 

それでもやっぱり疲れてどんよりする時は、

ご褒美のつもりですっぽん小町を3粒飲んでいます。

 

全く疲れないわけではありませんが、もうひと踏ん張りしたい時に、

「よし!」っと私が気合いを入れられるのは、すっぽん小町のおかげです。

 

30代の疲れ切った私に、

きめ細かい肌ともうひと踏ん張りする力をくれた

すっぽん小町の公式ホームページはこちら↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。