すっぽん小町で妊娠中の栄養補給|葉酸との飲み合わせは安全なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中のおなかの中では、赤ちゃんがものすごい勢いで育っています。

お母さんのためにも、おなかの赤ちゃんのためにも、必要な栄養はなるべく摂っておきたいですよね。

この記事をご覧いただくと、

これも食べなきゃ、

あれも食べなきゃ、

でも体重制限しないといけないのに!

と妊婦さんが抱えがちな栄養補給に関する悩みを解消できます。

妊娠中に必要な栄養

葉酸

妊娠初期に摂取すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害という病気になるリスクを下げることができます。

妊娠したい人、妊娠している人は、毎日葉酸400μg摂取することが推奨されています。

 

葉酸の含まれる身近な食べ物:ほうれん草、アスパラ、納豆、鶏レバー

 

カルシウム

カルシウムは歯や骨を作るためには必ず必要になる成分です。

神経や筋肉のはたらきにも重要な役割があります。

赤ちゃんに必要なカルシウムの量が足りない場合、お母さんの骨を溶かしてカルシウムを補うこともあるようです。

 

カルシウムの含まれる身近な食べ物:牛乳、小魚、海藻、大豆および大豆製品、緑黄色野菜

 

鉄分

血液を作るのに必要な成分です。

血液は赤ちゃんに必要な栄養分を届ける役割があるので、十分な栄養分が送られないと、赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性もあります。

 

鉄の含まれる身近な食べ物:肉類・魚類・レバー、野菜、海藻、大豆

 

DHA・EPA

血液をサラサラにしてくれて、脳や神経の発達に必要な成分です。

 

EPAの含まれる身近な食べ物:いわしやさばなどの青魚類

 

タンパク質

血液や筋肉など、からだ作りには欠かせない成分で、エネルギー源として使われることもあります。

 

タンパク質の含まれる身近な食べ物:肉類、魚類、卵、大豆、乳製品

 

亜鉛

亜鉛は味覚を正常に保ったり、皮膚や粘膜を健康に保ったりする成分で、赤ちゃんの中枢神経系の発達にも必要な栄養素です。

 

亜鉛の含まれる身近な食べ物:かきやうなぎなどの魚介類、藻類、肉類

 

 

他にもすっぽん小町に含まれている成分を知りたい方はコチラ↓

すっぽんサプリのランキングで高評価|すっぽん小町の成分表を調べつくす!



すっぽん小町と葉酸の飲み合わせ

すっぽん小町には葉酸の成分は含まれておらず、サプリやタブレットなど他の方法で摂取する必要があります。

 

妊娠中に必要な栄養であるこれらの成分が含まれるすっぽん小町と、

葉酸のサプリやタブレットは一緒に摂取してもよいのでしょうか?

 

答えはOKです

 

すっぽん小町は健康補助食品なので、一緒に飲むことで相互作用を引き起こす心配がありません。

赤ちゃんやお母さんにとって必要な栄養分は、積極的にとっていきたいもの。

 

ですが、

妊娠初期はつわりなどに悩まされ、必要だとわかっていても食べ物を受け付けなかったり、

妊娠後期になるとおなかの赤ちゃんがお母さんの胃を圧迫するため、1度に食べられる量が少なかったり、

思い通りに食事を摂れず、栄養分が不足してしまうことも考えられます。

 

妊娠中も授乳中も安心して飲むことができる健康補助食品だからこそ、

不足している栄養分を補うために

すっぽん小町はあなたをサポートしてくれます。

 

すっぽん小町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。